学習状況が一目でわかる学習レポート機能!ログインして学習効率UP!

減衰

- ゲンスイ -

無線通信では、信号の伝播時に強さが低下する現象を「減衰」といいます。これは、電波のエネルギーが障壁や距離によって吸収、散乱、反射されることで発生します。減衰は周波数や伝播環境によって異なります。

減衰は、通信範囲や品質に影響を与えます。減衰が大きいほど、信号が目的地まで届く距離が短くなり、受信信号の品質が低下します。そのため、無線システムの設計では、減衰を補償するための対策が必要です。減衰を低減する方法としては、アンテナのゲインを向上させたり、中継器を設置したりすることが挙げられます。

目次