学習状況が一目でわかる学習レポート機能!ログインして学習効率UP!

導波管

- ドウハカン -

導波管は、電磁波を特定の方向に効率的に伝送するために使用される管状または箱型の構造です。主にマイクロ波やミリ波帯の電磁波を、損失が少ない状態で長距離にわたり伝送するのに適しています。導波管内部では電磁波が特定のモードで反射し続けることにより、伝送されます。

導波管は、レーダーシステム、衛星通信、マイクロ波トランスミッター、粒子加速器など、高周波を用いる様々な応用で利用されます。導波管の形状(円形、長方形など)や寸法は、伝送する電磁波の周波数に応じて設計されます。周波数が高くなるにつれて、導波管の寸法は小さくなります。

導波管の利点には、電磁波の伝送における高い効率と低損失がありますが、製造コストや取り扱いの難しさ、設置に必要なスペースなどの制約もあります。また、導波管は直線的な伝送路を提供するため、曲げたり分岐させるには特別な設計が必要となります。

目次