学習状況が一目でわかる学習レポート機能!ログインして学習効率UP!

VSWR

- VSWR -


電圧定在波比(VSWR: Voltage Standing Wave Ratio)は、無線通信や電子工学の分野で、伝送路や導波管、アンテナなどにおける信号の反射の度合いを表す指標です。具体的には、伝送路上での定在波の最大電圧と最小電圧の比率を示し、伝送路のインピーダンス整合の良さを評価するために使用されます。

VSWRは次の式で表されます:

ここで、Vmax​は定在波の最大電圧、Vmin​は最小電圧です。理想的な伝送路では、全ての送信電力が負荷に吸収され、反射は発生しないため、VSWRは1になります。実際の伝送路では、インピーダンスの不一致により一部の電力が反射され、VSWRは1より大きな値を示します。

VSWRの値が大きいほど、反射が多く発生していることを意味し、伝送路やアンテナシステムのインピーダンス整合が悪いことを示します。これにより、送信機に戻る反射電力が増加し、システムの効率が低下したり、送信機に損傷を与える可能性があります。

VSWRの測定は、アンテナの設計、RF(無線周波数)回路の試作、通信システムの設置や保守において重要な作業です。この測定により、インピーダンスの不一致が原因で発生する問題を特定し、調整や修正を行うことができます。理想的な状態ではVSWRが低く、システム全体の性能と信頼性が向上します。

目次