学習状況が一目でわかる学習レポート機能!ログインして学習効率UP!

Z変換

- Zヘンカン -

Z変換は、離散時間信号を複素平面上の関数に変換する数学的な手法です。信号処理や制御理論など、様々な分野で広く利用されています。
Z変換を用いることで、信号の分析やフィルタ処理、システムの安定性解析などが容易になります。
具体的には、Z変換によって信号を周波数領域に変換することで、信号に含まれる周波数成分を分析することができます。また、Z変換を用いて設計したフィルタは、信号から不要なノイズを除去したり、特定の周波数成分を強調したりすることができます。
さらに、Z変換はシステムの安定性解析にも利用できます。システムの伝達関数をZ変換することで、システムの極点と零点を求めることができ、その結果からシステムが安定かどうかを判断することができます。

目次