学習状況が一目でわかる学習レポート機能!ログインして学習効率UP!

一陸技/一陸特/二陸特の過去問アプリを徹底比較|ユーザー毎の学習履歴から最適な勉強が進められるのはDIGI RADIO(デジラジオ)だけ!

一陸技/一陸特/二陸特のような無線従事者資格を勉強しようとすると、おそらくみなさん過去問から勉強し始める方が多いんじゃないでしょうか。

もちろん参考書を買ってみたり、過去問を印刷して、ひたすら勉強することもあるでしょうが、やはり最終的に一番身につく覚え方というのは、自分で問題をひたすら解くというところかと思います。

そんな時に便利なのが、学習アプリだと思いますが、無線系の資格は正直資格の中ではマイナーな部類なので、あまり大手のサイトが勉強アプリを出していなかったり、問題がやたら古かったり。

もしくは、大手の通信教育企業が出す高額なプランにパッケージされていたりとなかなか良いものが見つからないという問題があると思います。

今回は、そんな無線資格を勉強するにあたって、手軽に過去問を学習できる支援サイトの中で、当サイト(DIGI RADIO)とどういった機能の違いがあるのかを比較していきたいと思います。

目次

学習サイトの選び方

先ずは、無線資格の学習サイトの選び方のポイントをいくつか紹介していきます。

過去問の量

1つ目ですが、根本的なところですが、掲載している問題の量になります。

無線資格は国家試験になるので、過去問は自由に公開されています。

とはいえ、公式サイトですと過去3期前までしか公開されていないので、それ以上前のものとなるとそれぞれのサイトで貯めておいたものだけになります。

また単純にPDFのままだと、学習サイトとして機能しないので、PDFデータをアプリ化するところまで準備できているかどうか、どこまでの試験をできるのかというのがポイントになります。

重要なのは、どれだけ昔の問題を解けるようになっているかというよりも令和以降から最新のものまでを取り揃えた上で、各問題についてしっかりと分類できているかというという部分までがポイントになります。

問題の解きやすさ(サクサク感)

次は、多分一番重要な部分かと思いますが、アプリの使いやすさ、UI/UXになります。

スマホで解けるようになっているかや、1問ずつ解いていった際に、ストレスなく進めていけるかというのがポイントです。

サイトによっては一問ずつわざわざスクロールして進めないといけなかったり、広告が多くてどれがボタンなのかわからないなど、ユーザから見たときに使いにくかったら仕方ありませんよね。

出題パラメータの豊富さ

次は、出題パラメータの豊富さになります。

この部分は、特に過去問をひたすらやるというよりも、しっかりとピンポイントで難易度や、出題頻度を指定して、学習ができるのかという部分です。

こういった機能を実装していくためには、問題を単なる画像と認識しているようなサイトだと対応できておらず、また10年以上昔の過去問全てから頻度を調べていくという作業をしている場合には、情報更新に追いつけていないようなサイトも見受けられます。

学習支援機能

最後のポイントは、学習履歴などを保存し、各ユーザーごとの学習を支援するような機能があるかどうかになります。

単に過去問だけを表示するだけであれば、確かに学習の最後の腕試しには使えるかもしれませんが、効率的に学習を進めるという感じではありませんよね。

自身の学習状況に応じて、学習する分野、パターンを効率的に学べるかどうかというのも、一陸技/一陸特のような高度資格には重要なポイントかと思います。

手軽に利用できる無線資格の学習サイト比較表

ここでは、WEBで利用できる学習アプリ/サイトを比較してみました。

DIGI RADIO
(デジラジオ)
サイトMサイトRサイトZ
対応資格一陸技/一陸特/二陸特一陸技/一陸特/二陸特一陸技/二陸技一陸技/二陸技/一陸特/二陸特
対応過去問平成22年〜令和5年平成23年〜令和5年平成26年〜令和5年平成21年〜令和5年
ランダム出題
開催回指定
分野指定
キーワード指定
難易度指定
頻度指定
類似問題
パターン指定
解説表示
検索支援機能
模試機能
学習履歴保存
あとでチェック
学習支援レポート
広告非表示

基本的にどのサイトも、単純に過去問を1問ずつ表示するような仕組みはあるので、ともかく過去問だけをひたすらやりたいという人であれば、どのサイトでもできるかと思います。

それ以上の機能、例えば分野/パターン/難易度/頻度で絞り込むような機能を使って、効率的に学習を進めたいということであれば、いくつか数は絞られてくるかと思います。

また学習履歴やユーザーの学習状況に応じた学習支援ができるアダプティブラーニング機能対応しているサイトとなると、確認した限りでは、DIGI RADIO(デジラジオ)のみが対応しています。

まとめ

今回は、無線資格学習のために役立つ、学習アプリ/サイトについて紹介していきました。

どのサイトもある程度はできるけど、機能が足りなかったり、使いづらかったりしますが、DIGI RADIO(デジラジオ)であればスマホで通勤でもいつでもどこでも、また絞り込み機能などを使って効率的に学習が進めることができます。

また当サイト唯一提供しているユーザーの学習履歴から学習パターンを分析し、苦手な問題などを重点的に学習できるので、効率的に資格取得を目指す人におすすめの学習支援サービスかと思います。

DIGI RADIO(デジラジオ)の製品特徴
  • ユーザーランクによる学習状況の評価:あなたの毎日の学習状況を一目で確認できます。
  • 問題や開催回、パターンの習熟度の視覚化:各問題や出題パターンの理解度がグラフで表示され、自分の学習状況を見える化できます。
  • 個別の苦手パターンの特定:あなたが苦手とするパターンを抽出し、重点的に学習できます。
  • 直近の学習履歴の追跡:最新の学習履歴を確認し、必要に応じて再学習をスムーズに行えます。
  • 開催回ごとの達成度の確認:各開催回での達成度を確認できます。自身の成績を把握し、進捗を追いやすくなります。
  • 苦手な問題のマーク付け:苦手な問題をマークして後で再確認できます。
  • 直近3期での頻出問題の検索:直近の3期間で頻出した問題を簡単に検索できます。
  • 模擬試験機能など、その他の全ての有料コンテンツの提供。

無料会員でも登録後3日間は全ての機能が使用可能

カテゴリ機能名無料会員有料会員
演習アプリ
(一陸技・一陸特・二陸特)
試験開催選択機能✔️✔️
全問表示機能✔️
難易度選択機能✔️✔️
自動送り機能✔️✔️
キーワード絞り込み機能✔️✔️
A/B問題選択機能
(一陸技)
✔️✔️
午前/午後問題抽出機能✔️✔️
計算問題選択機能
(一陸特)
✔️✔️
頻出度選択機能
(全体)
✔️✔️
頻出度選択機能
(直近3年間)
✔️
同トピック問題抽出機能2個まで無制限
開催会別出題機能✔️✔️
問題パラメ保持機能✔️✔️
検索ボックス機能✔️✔️
タイトルコピー機能登録から
3日間のみ
✔️
あとでチェック機能✔️
過去問ファイルPDF閲覧機能✔️✔️
開催会別演習機能✔️
ファイルDL機能✔️
模擬試験機能
(広告無し)
開催会別出題機能登録から
3日間のみ
✔️
学習履歴学習レポート機能✔️
学習履歴✔️
あとでチェック機能✔️
開催回別達成度✔️
パターン別習熟度✔️
広告非表示機能✔️
よかったらシェアしてね!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

コメント

コメントする

目次